琉歌集|赤さこはでさ節

投稿者: | 2014-12-27

赤さこはでさは、紅葉しているこはでさ。こはでさは、約23丈(1丈=10尺=約

3.03m)にのびる喬木。田舎から御殿へ奉公へ出た娘がありのままの情景を歌った

ものや、仇討、自然の歌などがあります。

 

おかけぼさえ御代のしるしあらはれて野山咲く花も匂のしほらしや

 

おかけぼさえ御代のしるし=繁栄する世。

匂のしほらしや=匂いが素晴らしい。

世の繁栄のしるしが表れて、野や山に咲く花の香りまでとても素晴らしい。

 

 

島袋盛敏 著 琉歌集 より参照

 

 

 

==ランキング参加中です==
ブログランキング・にほんブログ村へ
==看板猫のことなど==


==徳島教室 新規入会募集中です==
徳島教室のページ
==和歌山教室 新規入会募集中です==
和歌山教室のページ
==沖縄三線に関するショップリスト==
Amazonストア楽天