琉歌集|ちるれん節

投稿者: | 2015-08-16

shiyoler

長者の大王 百歳の祝いに若者達が威勢良く踊る時の曲。別名、習節。全7首。今回はお祝いではない、嫁と姑の歌を取り上げてみた。

 

実れやう実れ茄子
姑の屋の茄子実らなしゆて茄子嫁名立ちゆめ
 
実れやう実れ茄子=実がたくさんなれ
嫁名立ちゆめ=嫁としての面目が立つであろうか立たない
 
昔の嫁は姑に対して絶対服従であった。一言の反抗も許されなかった。姑の家で育ている茄子の実が沢山なって欲しい。不作だったら嫁としての名がたたず、面目を失うのよ。
 
平成も30年近く。嫁姑問題は、大昔の古き良き時代の遺産にもならず延々と続いていくのではないかと想像。夫婦は好きで一緒に暮らしているが、その他の関わる人達は、自ら好んで付き合う人達ではないため、常に苦労がつきまとう。

この琉歌は、「秋茄子は嫁に食わすな」とよく似たものか。都合の良い様に解釈すれば、茄子は体を冷やし女性にとって体の冷えは良くないから、出産を望む嫁に食べさせすぎてはいけないって。と姑にツッコミ入れるぐらいの余裕があっても良いかな(爆



==ランキング参加中です==
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ 三線・沖縄民謡へ
==看板猫のことなど==


==徳島教室 新規入会募集中です==
徳島教室のページ
==和歌山教室 新規入会募集中です==
和歌山教室のページ
==沖縄三線に関するショップリスト==
Amazonストア楽天