琉歌集|仲順節

投稿者: | 2015-06-15

natural

 

 

月も照りきよらさ花も匂しほらしやおす風もすださ出ぢて遊ば

 

別離や再会を期待する情を歌う歌詞が多い曲。よく歌われる歌詞としては「別れても互いにご縁あてからや糸に貫く花の散りて退きゆめ」。組曲「手水の縁」の主人公が別れる時に惜別の情を歌ったもの。

 

島袋盛敏 著 琉歌集 より参照

 

==ランキング参加中です==
ブログランキング・にほんブログ村へ
==看板猫のことなど==


==徳島教室 新規入会募集中です==
徳島教室のページ
==和歌山教室 新規入会募集中です==
和歌山教室のページ
==沖縄三線に関するショップリスト==
Amazonストア楽天