琉歌集|芋の葉節

投稿者: | 2016-02-09

Shiyoler

 

全5首。
○芋の葉に貯まったつゆが宝玉より美しい。
○榕樹(ガジュマル)の葉に溜まっている露を飲むと恋人の縁が絶えない。
○雲と風を感じて人間関係や恋愛を連想。2首。
○恋人が作った麦わらの笠が良い感じ。
ということを歌っている。

雲や風たよて天の果て行きゆり人や肝しちど浮世わたる

雲は風をたよりとして天の果てまで行くが、人は何物に頼るよりも心を大事に世渡りするべき。世渡りするには、一生懸命貯蓄に励んだり、他人より打ち勝つのが良いと色々とあるが、一番大事なのは心の持ちようではないだろうか。

 

==ランキング参加中です==
ブログランキング・にほんブログ村へ
==看板猫のことなど==


==徳島教室 新規入会募集中です==
徳島教室のページ
==和歌山教室 新規入会募集中です==
和歌山教室のページ
==沖縄三線に関するショップリスト==
Amazonストア楽天