琉歌集|宮城こはでさ節

投稿者: | 2015-05-07

sunrise

 

十尋屋にをても八尋屋にをても肝ど肝さらめ按司も下司も

 

十尋屋(とひろや)、八尋屋(やひろや):昔の大きい家
肝ど肝さらめ:心が一番大事
按司も下司も:身分の上の者も低い者も
 
大きい家に住もうが小さい家に住もうが、身分の上下を問わず、心の持ち方が一番大事人間の価値は、心の良し悪しで決まるものである。宮城島は高離島と呼ばれる方が多い。題名は「宮城」だが、宮城絡みの歌詞は無い。歌詞の内容は、他のこはでさ節とよく似ている。

 

島袋盛敏 著 琉歌集 より参照



==ランキング参加中です==
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ 三線・沖縄民謡へ
==看板猫のことなど==


==徳島教室 新規入会募集中です==
徳島教室のページ
==和歌山教室 新規入会募集中です==
和歌山教室のページ
==沖縄三線に関するショップリスト==
Amazonストア楽天