琉歌集|大田名節

投稿者: | 2017-05-24

三線教室Shiyoler

大田名節八首のうち六首までは田名村の子供たちの面影、地勢や風物等。伊平屋島全体の昔を思わせる歌曲です。

大田名の嫁やなりぼしややあすが石原あざ道のふみあぐで

石原(いしやら)あざ道:石ころ道
ふみのあぐて(汲みのあぐて):歩くのに疲れて悩む又は、水汲みの様子とも取れ、水汲みの道中の足元の悪さを表す。

大田名の嫁になりたいけど、朝晩水汲みの道が悪く大変で面倒臭いからどうしたものか。
水道も無い時代、若い嫁の朝晩の水汲みの仕事は大事だけど道すがらの大変さを真っ先に考える。
今も昔も、まずは損得。恋は盲目とはいかない場合があるものです。



==ランキング参加中です==
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 音楽ブログ 三線・沖縄民謡へ
==看板猫のことなど==


==徳島教室 新規入会募集中です==
徳島教室のページ
==和歌山教室 新規入会募集中です==
和歌山教室のページ
==沖縄三線に関するショップリスト==
Amazonストア楽天