こだわり

投稿者: | 2015-02-20

Shiyoler

 

三線の胴に使われているのはヘビ皮ですが、メンテナンスの面倒臭さから開放されたい、音色にこだわりがないのであればプリント(布)でも十分じゃないかなと思います。

私の場合、習い始めに買った三線、元師匠の手作り三線、頂き物の三線、どれも強化張り。一度も破れた事がありません。もし、破れたらプリント(布)にするつもりです。

というのも・・・

昨年夏に、三味線の皮が破けました(泣 胴袋から三味線を出して、皮が破けてるのを発見。気絶寸前です。裏面は破れてなかったのですが、両面替えました。

 

Shiyoler

 

犬皮、猫皮がありますが、我が家の看板さん達(猫)を世話していると、動物皮にするのは忍びなくて、合成モノにしました。自然に破れる心配もありません。音の方もこだわり無ければ、それで良しです。

三線教室でも、楽器については、必要なモノを取り揃えて貰う以外は、自由に決めて貰ってます。音色は、時々ですが、なんだかなぁ~と思う事もあります。習っている方が、良いものが欲しいと思ったら、良い三線に買い替えされたらと。

徳島教室で、上等な三線を買われた方がいましたので、ちょっと弾かせて貰ったのですが、心地良かったです。

 

==ランキング参加中です==
ブログランキング・にほんブログ村へ
==看板猫のことなど==


==徳島教室 新規入会募集中です==
徳島教室のページ
==和歌山教室 新規入会募集中です==
和歌山教室のページ
==沖縄三線に関するショップリスト==
Amazonストア楽天